現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2005年12月08日

日経平均大崩

日経平均が200円を超えて下げてます。大崩ですね。たまにはこういうこともあるでしょう。びっくりして投げ出す人がいっぱいいるでしょうね。

ところで、今日カイノスという会社がストップ高ですね。インフルエンザ検査薬の報道が今朝の新聞に載っていました。それを材料にしての+100円ストップ高でしょう。こういう地合いでも、インフルエンザ株はなにか材料があると強いですね。

あと、今日の朝のフジテレビで、新聞はどこだったかわすれましたが、三菱重工業と鳥取大学が共同で、通常の3倍の速度で生育する植物の研究開発を行ったという話がありました。サウジアラビアで、三菱重工が砂漠の緑化事業を請け負っているということらしいです。これ、テレビでも行ってましたが、結構大変大きな事業になるかもしれないですね。あの砂漠だらけのところが緑化したら相当な環境変化が起きますね。二酸化炭素削減なんてすごい量でしょう。京都議定書の排出権取引に使えるかな?
さらに本業のほうの重機、プラント建設や海水淡水化事業なんていうのもどんどん日本の企業が受注していく魁になるかもしれないですね。
ノリタケカンパニーの技術も将来技術としてすごいだろうけど、重工さんもやりますね。

日本の企業回復と、これからの技術の開発で、日本経済上昇中です。将来有望です。

まだまだ日本の技術開発力、化学、農学、世界のトップレベルです。応用技術も一流です。いろんな企業が世界を相手に仕事をし始めるでしょう。貿易収支を考えると、大幅黒字にするわけにはいかないから、技術開発とコア部品生産を日本でやって、現地化生産、現地同化、現地教育、現地雇用でしょうね。


でも、北海道の野生の生鮭は、欧米へ輸出されているそうですよ。方や養殖物を日本は輸入しているそうです。北海道の鮭、おいしいのに。なんで日本人が食べないで、外国人に人気があって輸出されるの。(確かに同じ切り身でも北海道のほうが、関東のスーパーで売っているものより数倍おいしいです。)

鮭へのリンクと、お店へのリンク 北海道四季工房
11月下旬発送開始!オホーツクの めじか姿切り身1尾(2.8Kg)

posted by 弓彰 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄個別ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10383088

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。