現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2005年12月28日

上場していない株の危険性を知っていただけることに貢献できて

ブログにかいて、よかったと感じています。未公開株の記事にコメントがいっぱい来てますので。

私が最初に勧誘を受けた頃には、ブログで書かれているのは、紀藤弁護士ぐらいと、株仲間の掲示板ぐらいで、詳しい情報は自分で調べるしかありませんでした。

そこで、日本証券業協会に聞き、金融庁に聞き、関東財務局に聞き、株発行会社に聞き、上場基準を東証のHPで調べたりして、その結果を整理して、勧誘してきた会社に聞くということをしました。
そうすると、どの勧誘会社も、その後、連絡を取ってこなくなってしまいました。

調べた結果は、詐欺まがいではあるけれども、詐欺という告発は難しいというものでした。相対取引になるのか、それとも、営業行為になるかは判断が難しい。各機関は注意して自己責任で取引をという忠告をしてくれるところまでで、あとは弁護士と相談してみてはどうですかというものでした。

貯蓄から投資へという流れの中で、うまい投資話があるという勧誘を行ってくるやからがいますが、どんな話でも、うまい話というのは、裏があると考えてかかったほうがよいですよ。

posted by 弓彰 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 未公開株評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11105982

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。