現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年01月11日

郵便貯金銀行は超巨大銀行だが・・・

郵便貯金銀行の預貯金って、すごい量ですよね。
日本のメガバンク全部あわせたくらいでしょ。
三菱UFJとみずほと三井住友をあわせてやっと対抗できるってぐらいのものですよね。

そういう銀行が誕生するってことは、本来なら、これらのメガバンクにとっての競争相手が増えて、経営リスクが高まるって考えますよね。お金を使うほうは大きな銀行ができたんだから投資資金が出てくるから事業拡大だってことになるんですが、銀行については先行き不安から、株が下がるってことがあってもいいんだけど。

市場は、そうは見ていないということでしょう。

なぜか。投資資金がそんなに出てくるとも思ってないし、銀行の対抗馬にもならないだろうってこと。銀行の脅威にならないだろうってことですね。銀行は、預かったお金と、貸すお金の金利差と手数料でもうけるわけですから、貸し出し先を見極めるノウハウがないと儲けられないし、逆にそんしちゃうこともある。いままでは、本当は損する先にお金を何も考えずにまわしていたんですから、郵貯・簡保は。そういうところは図体ばかり大きくても怖くないということでしょう。お金は、郵貯・簡保にはもうあまり回っていかなくなる。
そうすると郵貯・簡保はどうなっちゃうんでしょうね。ネットワーク維持は課せられた使命だから、なんとか郵貯簡保会社は考えないとならないですね。よーく考えてくださいね。そう簡単なことじゃないですよ。

投資資金も郵貯簡保は出せませんね。国債や公債としてもっているんだから、国がお金返してくれないと。売り出そうとすると、債券価格が下がって資産がへることになるから、売るに売れないし。

今までの国営の郵貯・簡保は安全で、安心して預けられると思っていた方も多いと思いますが、それは国の借金となっていたわけですから、結局は国の効率が悪ければ、郵貯簡保という名前では戻ってきても、税金とか保険料とか公共サービス低下という名前で取られているってことですからね。

赤字の郵政が残りますね。

国は郵政公社の株を将来売るんですが、どれくらいで売れるもんですかね。郵政会社がよっぽど頑張ってくれないと高く売れませんね。バンカー西川さんの力量がどれくらい巨像に通じるかですね。

posted by 弓彰 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄個別ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。