現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年01月18日

ライブドアグループの影響でこんなに下がってる?

ライブドアグループの影響でこんなに下げてしまって、こういうときに買い時到来と考えられるかどうかですね。

ライブドアは有名ですが、マザーズの上場会社で楽天、ヤフー、ソフトバンクに比べてもまだまだ小さい会社です。日本の中の主要大企業に比べると、比べるまでも無く小さな会社で、これからなんとか大きくなっていこうという会社。マザーズの中では、株式総額は大きい方の会社ですが。

個人投資家が投げさせられていると思いませんか?
ただ1グループの強制捜査でこんなに急落する。
安く売らされて、高く買わされるというのが、損をする常道です。安く買って、高く売るというのが、キャピタルゲインを得る常道。
それは損きりも大事ですが、落ち方をどう判断するかです。
たしかに、16000を超えて上がってきたということで高値警戒感というのはあったと思います。そこへ有名な会社の不祥事がでた。さあ、プロにとっては、安く売らせるチャンス到来です。

今日もいまのところ落ちてるみたいですね、日経平均。そのうち安値でがさがさ拾うプロが動き出す。
だって、今回の急落で、円は安くなって、日本の基幹産業の利益増加要因になるけれど、ライブドア1社が潰れても、業績落としても、日本経済にはたいした影響ないんですから。

でも、やっぱり株は怖いと思って、投資をあきらめる人がでてしまうんじゃ、よくないんですけどね。こんなことで株価が急落していては。
しかし、強制調整になるから、こういうことが起こると、若干調整した後、調整でそれ以上おちないということが確認されるとまた強く上昇するんですよ。

いま、私はちょうどここ1か月ばかり株を持ってません。資金を別のところに動かしていて、それもすぐには出せないから、このときをチャンス到来と買いにもいけない。
もっと資金があればなあ。

posted by 弓彰 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。