現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年01月18日

ライブドアショックでかすぎ

奥田会長は、バブルの状態にあるのではないかというコメントを出していたから、今回、たいしたことではないというコメントを出してもおかしくないだろう。12月ぐらいの株価に冷やされて、ちょうど良かったと思っているのだと思う。

しかし、このショックで、追証かけられるはめになった、個人投資家や、損きりしないとならなくなった投資家はたくさんいるでしょうね。株価だけでなく、為替にも影響を与えているし、商品取引にも影響を与えている。株価を担保にお金を借りている人もいたでしょう。
市場への参入タイミングや、株を買ったタイミングによるんで、最近買い始めた人や、最近投資額を増やしたり、信用はじめたりした人にとっては厳しかったでしょうね。

堀江社長、やったのは社長自身じゃないかもしれないですが、かなりのダメージを与えたのと、かなりの反感を買ったと思いますよ。ある意味、実害をこうむった人が多いだけ、耐震設計疑惑よりも影響がでかかったかも知れない。
ライブドアって名前が、海外にも知れ渡ってしまいましたね。日本株式市場ライブドアショックで急落と。アメリカじゃエンロンほど大きな会社じゃないから、ぜんぜん大丈夫でしょうなんていわれているようだし。

日経先物オプションをやってる人は、ヘッジにできた人もいるみたいですね。自分の持ってる株がSTOP安しても、日経先物で売り出せば、ヘッジになりますもんね。

東証の売買キャパも危なく超えそうになったということで、株式売買停止になるほどの混乱になってしまった。

ライブドアさん、かなりやばいですね。上場廃止っていう話も出てきたようですし。

東京地検特捜部と証券等監視委員会もこういうの取り締まるのはいいんだけど、ここまでショックが波及すること考えたでしょうかね。悪いことやってたら取り締まりは必要は必要だけど、損をしなくてもいい多くの人にまで損をさせることになってしまった。未公開株を販売している会社も強制捜査してくださいよね。情報提供しているんだし、それにこっちは、損をする人を少なくすることに貢献できるんですから。

posted by 弓彰 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11893941

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。