現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年01月19日

そりゃ、やったらいけないことやったら摘発するのはいいが。。。

ライブドアショック NY株にまで波及したって話みたいですね。NYダウも落ちてしまって。
ライブドア1社の強制捜査で、ここまで影響してしまうとは。

これは、ライブドアがやったといわれていることが摘発されるのはまっとうなことでしょう。
しかし、突然の強制捜査、株価暴落、売買高急増、東証停止、海外株式まで波及という影響にまで発展してしまうとは。そこまではライブドア1社のせいじゃない。海外からみて東証の信用失墜っていうのもある。
こんな影響を出してしまって、損した人も多いでしょう。投資市場から退場を余儀なくされた人もいるかもしれない。株価が高騰気味のタイミングでやるというのは、なんとなく裏にだれかの意図が働いているとかんぐりたくもなる。堀江つぶしってのもあるかもしれない。○○の罠にはまったのか。霞ヶ関の反抗か?

投資市場は全般的に冷や水をぶっかけられた状態です。早く平静を取り戻して欲しい。

未公開株販売業者を野放しにしておいて、だまされる個人たちは救済せず、ライブドア1社を突然摘発して、多くの個人投資家の資産や個人からお金を集めて運用している期間の資産を減少させ、民間は何をやるかわからないという印象をさらに強め、海外の日本への信用まで失墜させる。株価高騰気味のときにやるもんだから、調整のきっかけがあれば、調整や反落しやすいところに。非常にセンセーショナルなことになってしまった。
耐震偽装だってそうじゃないか?天下り会社が検査不備だってのに、民間に検査をまかせることが悪かったみたいな風潮をつくってる。天下りした人間たちも責任とってやめて、賠償責任でも、責任取らせなさい。民間の場合は、辞任とか誰かの重大なミスだった懲戒免職もあるだろう。会社は倒産、個人資産も凍結。取締役だったら損害賠償請求を個人的に受けないとならないんです。公的機関審査も見逃していたって?責任取るっていっても使うのは国民の税金じゃないか。どっちが親身になってやると思う?

なんか裏があるんじゃないか?

国民が損しても、自分の身は守る。新聞やTVは書かないだろうけれど、週刊誌や、骨のあるジャーナリストはこの問題の真相にせまってほしい。週刊文春でも週刊新潮でも週刊金曜日でも週刊現代でも週刊ポストでも、新聞・テレビ系列じゃないところ、どこでもいいからやることやってください。


posted by 弓彰 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄個別ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。