現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年01月19日

安く買って、高く売る

今回も、高く買って、安く売る人がいっぱいでちゃったみたいですね。
ライブドア1社の強制捜査でそんなにあわてることはないのです。
安く買って、高く売る 株はこれができなきゃ儲かりません。
そのためにも、余裕をもって取引しましょう。

そう長くなく、元にもどるんです。大手投資家たちは、この買いどころでどんどん買い進めてきたわけで、あがってる。あがったあがったとおもって、買いにいくと、また高いところで買わされることになる。

信用取引も、30%ぎりぎりでやらず、50%程度は確保しておきたいところ。

株をその他の取引の証拠金代わりにする場合も、ぎりぎりにならないように余裕をもって。

株も株以外も、今日は反発です。もともと強基調なんだから。下値ではどんどん拾われるんですよ。プロに。

posted by 弓彰 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資方法、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11917167

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。