現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年01月25日

マネーゲームとハゲタカファンド

マネーゲームハゲタカファンドっていう言葉は嫌いです。

投資を、このマネーゲームハゲタカファンドという言葉がゆがめているし、誤解を生み出していると思うから。
そりゃゲーム感覚でやる人もいるし、貪り食うようなファンドもあるでしょうが。みんながみんなそうであるわけではない。
しかし、これらの言葉で、投資活動のかなりの範囲を包括してしまっている人が多いと思う。
それで投資はギャンブルみたいなこといって、勉強しない

事業価値があるのに、経営者が価値を生かしていないために株価が低くなっている会社を買収し、本来の事業価値を引き出すことがハゲタカですか?そうじゃないでしょう。

業績があがりそうで有望な会社の株を買うということはゲームですか?

デイトレーダーは、ゲーマーというより、職人・テクニシャンである人が多いと思う。

株を買う、会社を買う、これが否定されると経済は成り立たないんです。みんな銀行からお金を借りて、事業資金を用立てないとならない。投資をしてくれる人がいれば、それは借金ではないんです。利払いなしで、資金を使える。事業を広げることだってできる。

ライブドア騒動で、マネーゲームハゲタカファンドという言葉が独り歩きして、投資活動に支障がでないことを願う。

posted by 弓彰 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12237932

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。