現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年01月27日

今日はまた強烈に日経平均あげましたね

なんですか 高値更新ですか 強いですね
確かに企業の足元はしっかりしてきてますからね。営業利益が出ているということ。
最終の利益には、いろいろお金のやりとりとかが入るんで。利益として本業の業績が確かに回復しているかどうかをみるのは営業利益のほうです。
中国需要というのもあるわけですが。中国につづくのはインド需要ですかね。

インドの場合、インド内のIT産業は強いということですが、インフラ(道路とかのこと)がしっかりしてないそうですね。そうすると、インフラ整備をこれからやっていくとして、インド経済も成長するんでしょうけれど、そのインフラ整備に入る企業というのも成長するわけですね。道路が整えば、自動車も入る。自動車が入れば、日本の機械産業、部品産業、鉄鋼、電機が続きます。他のインフラも同様でしょう。しかし、他の国も同様に入っていこうとするから、日中韓競争しながらですね。でも、総合的には日本が一番強いですから、日本の会社にお金が結構入ってくる。

長期で、ETFをもっておくだけで、個別の銘柄を探さなくても、貯金よりずっと割がいいんじゃないですかね。

posted by 弓彰 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資方法、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インド経済発展の裏の、ある重要な変化
Excerpt: インドの主要株価指数はグラフをご覧になっておわかりのとおり、上昇し続けています。3年前の約4倍です。 先日、インド人の経済専門家にインド経済について話を聞く機会があり、率直に質問して..
Weblog: 為替王
Tracked: 2006-03-16 13:18


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。