現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年03月07日

イベント控えて小休止

円安は、日本の金利政策を織り込んできたようです。日銀の発表前に、金利差拡大はしばらく続くという見方をおりこんできました。
株価のほうは、イベント前の弱気と様子見ですね。
こういうときはイベント後に上昇に動きやすいときです。中東のラマダンの時期も過ぎました。
同友会会長でしたか、量的緩和の解除があってもそう影響はないと言ってますね。確かに日本経済の腰折れは量的緩和ぐらいではおきないでしょう。
こういうときが日本主力株の押し目というところでしょうね。

彼岸まで押し目は続かないかな?という感じもしますね。

posted by 弓彰 at 20:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資方法、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14379085

この記事へのトラックバック

もうあかん、損しまくり
Excerpt: っていうスレを2chで見つけましたが、今はそんな状況です{/namida/} GDP好調>消費拡大期待>株上昇ではなく、GDP好調>量的緩和解除>株下落という流れになるあたり、弱さを感じます。 個人投..
Weblog: Loplop
Tracked: 2006-03-08 20:38


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。