現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年05月10日

業者排除に金融庁乗り出す

未公開株扱い業者の締め出しに、金融庁が乗り出すことになったそうです。今日の夕刊の日経新聞にのっています。捜査当局とも連動して対処するそうです。これで少しは、未公開株業者も減ってくれるでしょう。

ということなんですが、昔の無法の外為証拠金取引商品先物取引が法規制されて、移ってきたのがだいたいの未公開株扱い業者です。

未公開株から締め出されたら次にどこへいくか探して、また人を騙し続けることをする方々です。

最近あぶないのは、海外商品先物オプションですからね。国内については法規制されていて、登録業者じゃないと違法だし、いろいろ義務も課せられているのですが、海外商品先物オプションはだめです。やってはいけない。

もうひとつ今怪しいなと感じているのは、キングスレーキャピタルみたいなやつなんですが。国際分散投資とかオフショア投資とかいって、いかにも安全な投資みたいなことを言っている。安全な投資ですといわれたら、まずは疑ってかかってください。法規制がないところや登録制になっていないところを狙って騙しにきますからね。
posted by 弓彰 at 17:07| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「大塚製薬未公開株詐欺被害者の会」を探してこのページにたどり着きました。未公開株を扱う業者の処罰の記事を読み嬉しくなりましたが、大塚製薬の株主から直接に株を購入した場合はどうなりますか?大塚製薬関係者が詐欺を行ったわけですが、大塚製薬株は自社関係者もしくはそのOBの親族のみ株主になれます。この場合、大塚製薬は未公開株詐欺の被害者の救済をせずに、詐欺を行った自社関係者に株の所有をさせているのですが、未公開株の被害者は、大塚製薬の薬害エイズの被害者と同様に救済はされないのでしょうか?
未公開株の落とし穴と、被害者の救済に関してご存知のことがありましたら教えてください。
Posted by nobu at 2006年05月15日 02:26
それは予想外のことでしたね。

個人間の相対取引になるわけですが、購入した人というのは知り合いの方ですか?
知り合いの人だったら、はっきり聞いてみましょう。知り合いというほどでもないけれど連絡がとれる人だったら連絡をとってみましょう。
名前とか所属とか住所とか身元ははっきりしている人ですか?
その人本人にかけあって、これは私を騙したのかと聞いてみてください。
はっきりした回答も得られず、損をするのに買い戻してもくれないというのでしたら、会社に連絡するし、譲渡もできない、上場もしない株を売るなんて詐欺じゃないか警察にも持ち込むと言ってみればよいかと思います。単なる個人であればこれで十分びびるはずです。まずは本当に持ち込まなくても言うだけでも良いのではないでしょうか。相対の取引なので、証券取引法違反にはならないでしょう。該当するとしたら詐欺罪です。

大塚製薬株は株主の親族以外の第三者には原則として譲渡しないようですね。名義書き換えもしないということですね。原則と言うところがどこから原則から外れるのかわからないですが。これを知っていて売ったとしたらその人に悪意があることになります。配当なんかも出たとしても名義書き換えしないかぎり、あなたではなく売り元の株主に入るわけです。
相手とうまく話がつかない場合、大塚製薬の窓口に電話をかけて、事の顛末と相手の名前とかを話すとか、社長宛に手紙を出すと言うことも考えられます。こういう株主があなたの会社の株主の中にいるということを訴えるのです。詐欺のようなことをするのがあなたの会社の株主かと。
会社関係者の不始末について、社長宛に手紙を出すと言うのは、まともな会社組織であれば、かならず動きがあります。大変効果は大きいはずです。それで効果がない会社はまともな会社じゃありません。商品クレームにしても、会社関係者の不始末にしても、会社の信用に関わることですから。

それでもだめなら、譲渡もできない、上場もしない株を売りつけられた、株主はそれをしっているはずで、それなのに売りつけたんだと相手を警察に訴える。ふつうの人だったら詐欺罪なんかでつかまりたくないだろうから、買い戻してくれないですか?

大塚製薬株式会社 総務部
〒101−8535
東京都千代田区神田司町2−9
Tel :03−3292−0021(代表)
受付時間:9:00〜17:20 (土・日・祝祭日除く)
Posted by 弓彰 at 2006年05月24日 10:39
ここの会社がどうやら怪しい感じ
Posted by おばさん at 2006年10月01日 13:30
商品先物の状況は変わってます。外国為替FXもです。グローバリーのようなことをやったり、未登録会社は罰せられます。
未登録の会社が、未公開株の譲渡勧誘に流れ、さらに海外商品オプション取引に流れる。法規制の甘いところにながれて、騙すんです。よくわからない儲け話にのっても儲けることなんてできません。会社や営業マンが儲けるために勧誘してくるんですから。
Posted by 未公開株式 怪しい未公開株式投資に注意警報 at 2006年10月01日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

投資詐欺「キングスレーキャピタル」は崩壊間近?
Excerpt: 海外の金融当局に連絡してキングスレーキャピタルの実体がないことを調査したKoheiさんが、「投資詐欺会社 キングスレーキャピタル」とブログのタイトルを変えて再度調査を開始した。
Weblog: ホンネの資産運用セミナー
Tracked: 2006-05-25 22:48


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。