現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2006年09月27日

バイオベンチャー等 大学発ベンチャー企業の上場意欲あり

2006/9/27付けの日本経済新聞、日経産業新聞で大学発ベンチャー企業に対しての調査結果が出ています。

バイオ関連会社が多いということ、上場意欲が大変高いということ。

大学発バイオベンチャー企業ベンチャー企業の上場意欲はとても高いようです。

資金調達するためには、株式市場に公開することができるというのが大変有効ですから、将来有望ながらも資金が足りないベンチャー企業は上場したいと考えるところが多いでしょう。

上場したいベンチャー企業は多いのです。

しかし、ここで誤った認識をしてしまってはいけないです。
ベンチャー企業は上場したいと考え、準備も進めているかもしれないです。

それと、未上場・未公開ベンチャー企業の株価はまったく関係ないことを忘れてはいけない。上場したいと考えているからといって、1株何十万という株価が妥当かどうかはまったくわからないのです。
その会社の規模とか、将来の市場規模、事業の規模、収益性といったもろもろのことを考えないと株価はわからないのです。

次の、IPO株初値について、公募時の株価から初値がつくまでというのは、確かに大きく株価が上昇している会社が多いです。ほとんど上昇しているといってもいいでしょう。しかし、公募時の株価と、公募前の株価どれくらいの差があるかはわかりません。

このベンチャー企業は上場しようと考えている。初値で売り抜ければ必ずといっていいほど儲けがでる。というセールストークには大きな穴があることを忘れないで下さい。公募前公募時の株価の差がわからないのですから。公募前の株価に比べて、初値が安いか高いかもわからないのです。ひっかっかってはいけませんよ。

ところで、IPO株初値とか売買初日とかで株価が大きく上がるというのもおかしな話なんですね。初値とかに売って儲ける人がいるということは、その儲け分の損をしている人が必ずいるんです。
損をする確率が高いのに買いに行っている人がたくさんいるから、初値で売り抜けるとほぼ儲かるということ。損をしそうなことがほぼわかっているのに買う人がいるから、ほぼ儲かる人がいるんですよね。

IPO株といわれる株で、初値や初日、公開から数日たったあとでも、ずっと上がり続ける株があるかどうかを見れば、ほぼ損をする人がどういう人たちなのかがわかると思うのですが。それがわかってほぼ損していた人たちが損しないように避けると、ほぼ儲けていた人ってのもいなくなるんですけどね。

ずっと気付かないで、ほぼ儲ける人と、ほぼ損する人がいる状態がずっと続いているのはなぜなんでしょうね。
posted by 弓彰 at 09:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 未公開株 近々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24498931

この記事へのトラックバック

NEWS
Excerpt: ■2006-05-18 20:00 ■ 6位 中国、経済復調の日本に熱い視線 2006年05月18日19時05分  中国の地方都市がこの春、日本企業の中国投資を呼び込む説明会を相次いで日本で開い..
Weblog: flash ニュースランキング定点観測
Tracked: 2006-09-28 04:56

あなたの株式投資の儲けを2倍にする特別レポート
Excerpt: 私自身の過去の経験から、証券会社はどのように投資家に株を勧めているのか、ファンドマネージャはどのような基準で銘柄を選ぶのか、アナリストはどのように企業を評価しているのか、また企業経営者は自社の株価をど..
Weblog: 無料レポート館
Tracked: 2006-09-29 15:55


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。