現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2005年10月29日

デイトレードは本当にリスクが少ない投資方法か?

デイトレード良く聞きますね。本もいっぱい出てますね。

メリット。
・その日、一日で手仕まいすること。それで、市場終了後に何かが発生しても、その影響をうけないので、リスクを負わなくても良い。
・半年先なら読めなくても、5分先なら推定できるでしょう。
・損きりラインをしっかり決めてやることで、損を最低限に抑える。

よく、こういうことが書いてあるとおもうんですけどね。これで1日、3万とか5万とか10万とか、毎日収入を得るって。
まず、サラリーマンにはできない投資ですね。常にザラ場をみてないとならないわけですから。定年後か、脱サラして専業個人投資家になるか、主婦or主夫か。

もうひとつ、本当に5分後がよめるか。
これも難しいですね。実際に5分足あたりをよくみているとわかるんですが、今まであがってたのが、急にさがるってのはよくあって、あわてて売ると、またあがり始める。振り落としなんていうようにいいますが、こんなことよくある話。
あがってたとおもったら、買ったとたんにそこから動かなくなって調整にはいるとかもね。

結局、これもそうそう簡単に儲けられるのではないわけです。ビギナーズラックでうまくいくことはあっても、なかなか長続きしない。一部の勘のいい人はうまくいくかもしれませんが。経験を積んで勘をやしなっていかないと、なかなかコンスタントに儲けられることではありませんよ。

posted by 弓彰 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資方法、その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。