現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2005年11月04日

さすがにタミフル効果

さすがにタミフルの販売権をもっている中外製薬はあがってますね。
ここまであがってきちゃうとなかなか手がだせません。

鳥インフルエンザのこともあり、タミフルの在庫を増やさないとならないということが材料になってあがっているのでしょう。

うわさで買って、材料でうる。

たしかに、鳥インフルエンザがまた発生するとあがりそうではありますが、WHOの勧告であがったところですので、いったんさがるのではないですかね。それとも、このまましばらく上がり続けるのか。

インフルエンザの特効薬といえば、ロシュのタミフルしかいまのところないですから、日本での販売権をもっている中外製薬があがるのは、もっと前に予想しておくべきでしたね。

posted by 弓彰 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄個別ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。