現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2005年11月07日

まだまだあがるのか中外製薬ですが?

今日もあがるあがる中外製薬ですが。

タミフルは、もし新型インフルエンザが発生すると、その供給量がぜんぜんたりないとみこまれているそうです。例年の想定分の量は、供給できても、もし万が一鳥インフルエンザが新型に変異して、人から人へうつるようになってしまった場合、供給できなくなる可能性が高い。

もし、供給できないと中外製薬が手を上げてしまったとき、株価はどうなるか。

いまの株価上昇は、業績があがるからなのか、それともバブルか、あるいは足りないとなってしまったときにどうなるか?

ブームに踊らされないように、冷静に状況を判断しましょう。

posted by 弓彰 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 銘柄個別ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インフルエンザ薬『タミフル』で異常行動死。
Excerpt: インフルエンザ治療薬のリン酸オセルタミビル(商品名タミフル)を飲んだ患者2人が、飲んで間もなく行動に異常をきたし、1人は車道に走り出て大型トラックにはねられ死亡、もう1人はマンションの9階から転落死し..
Weblog: BeeQueen
Tracked: 2005-11-12 11:40

タミフルと、リレンザの副作用一覧
Excerpt: 2005/11/12(Sat) <!--adsense#default2-->  今朝の新聞記事「インフルエンザ薬:タミフル問題、学会でも論議」や、「インフルエンザ治療薬 タミフルで異常..
Weblog: Sasayama's Weblog
Tracked: 2005-11-13 19:08


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。