現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2005年11月29日

バイオバンクとコスモパートナーズ コスモパートナーズ!!

なんか、やたら勧誘しているんじゃないでしょうか?
関心が高い人が多いみたいですね。

IPOがほぼ儲かっているからといって、未公開株が儲かるわけではない。
買った株価よりだいぶやすい公募株価かもしれないし、上場しないかもしれない、平成電電のように破綻する場合もある。そうするとただの紙切れ。

上場するために、人集めする必要があるわけではない。上場時に人があつまればよいので、有望な企業ならば、200人や500人ぐらいすぐ集まる。だから、上場条件を満たすために株を売らないとならないなんてことはない。

絶対儲かるものをそんなみんなに売ってくれるような甘いところはない。複数のベンチャーに投資するために少しづつ分散してもつために手に入れた株をお分けしたいともいうが、本当に持っているのかも怪しいし、いくらで手に入れたのかもわからない。譲渡することで確実に利益を得ていて、会社はリスクを最小限にとどめているか、リスクをとっていない。

詐欺にならないところを突いてきてますからね。責任取らされるのは自分ですよ。お金がパーになるということで。どんどん会社名変えて、繰り返しているところもあるそうだし。


普通の株式投資やるか、あるいは未公開株みたいなもしかしたら詐欺まがいかもっていうような大きなリスクをとるんだったら、先物やFX商品取引不動産投資やったほうが、自分がやることだし、だまされたということもないだろうから、損しても納得できるとおもいますよ。リスクが高いものほど、勉強が必要ですよ。


posted by 弓彰 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオバンク未公開株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。