現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2011年06月19日

羽賀研二さん逆転有罪

詐欺と恐喝未遂の罪に問われている羽賀研二被告

17日(金)大阪高裁で懲役6年を言い渡されたんですね。



大阪地裁の無罪判決から逆転有罪


これって、未公開株がらみの事件ではありませんでしたか?




ラベル:羽賀研二
posted by 弓彰 at 17:41| 神奈川 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 未公開株詐欺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

SMC投資クラブ 詐欺で逮捕 SMC投資クラブ

未公開株の販売でSMC投資クラブが詐欺容疑で逮捕されました。読売新聞によると、被害総額は18億円以上かともいわれ、そのお金は暴力団にも流れていたのではないかというような話です。

被害者は1000名にもなるようです。大塚製薬以外にも20社ぐらいの未公開株を販売していたということのようです。

刑事事件になってしまいましたが、刑事事件で逮捕されたからといって、被害者のお金が全部返ってくるとは限りません。特にお金がもう別の組織に流れて言ってしまっているとなると、逮捕された人たちはお金をもっていないわけです。支払い能力がないのですから。お金を返せないでしょう。

賠償請求は、民事です。この1000名の被害者の方々は、未公開株券が将来自分が買った値段にもどるのをひたすら待ち続けるか、誰かに未公開株を売ろうにもひどく安くしか売れませんからあきらめるか、民事訴訟で賠償請求を求めるかといったようなところ。
民事訴訟でも、未公開株券自体の価値は不明なので、賠償額の確定というのも争点になって、訴訟でもめたりもするでしょう。それに賠償を求めて勝訴したとしても、どうせ未公開株取引業者なんて相手は資産も何も持たない会社でしょうし、債務者が支払い能力をもってなかったら差し押さえとかして、さらに今回逮捕されている人たちを破産までさせても微々たるお金しか1000人には戻ってこないことになります。

くれぐれも未公開株にはこういう危険があるということを忘れないでください。未公開株の購入をすすめにくる営業マンや会社は、あなたが儲けることを望んで売ってきたりはしません。自分たちがノーリスクで儲けるために、たまたま話に乗ってくる人がいないか手当たり次第に探して、売りつけたところで、儲けを確定させているのですよ。

Yahooの掲示板でも、株式の初心者があつまってきそうな銘柄のところには、たくさんの未公開株取引業者、勧誘会社の勧誘書き込みが入っています。こういうところにもひっかからないように、くれぐれもご注意ください。
オレオレ詐欺や振込み詐欺がなくならないのは、自分は大丈夫と考えているリスク音痴の人がいかに多いかということなんです。
自分はリスク音痴じゃないと思っている方、もう一度改めて自分を見つめなおすということをやってみてください。
未公開株には手を出さないのが、今のところ一番の得策です。ベンチャーキャピタルとか投資組合でまともなところがあるかもしれませんが、まともなところは電話帳使ったりして手当たり次第に勧誘するようなことはしないはずです。まず、勧誘してくるところは怪しいと考えましょう。
posted by 弓彰 at 09:42| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 未公開株詐欺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。