現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

2010年12月13日

未公開株の売買・譲渡の話には注意

未公開株式投資等で怪しげな投資には気をつけてください

IPO株が公開直後に株価が上昇することは多いです。

しかし、未公開時の株価から上昇したというわけではありません。

公募価格から上昇したのです。

未公開時の株価というのはわかりません。市場が限られてます。

グリーンシート銘柄という未公開株は市場があり株価がわかります。

それ以外の未公開株の適正価格はわかりません。

IPO株が上がることは多いです。

でも未公開株は購入した価格よりあがるかどうかはわかりません。



ほとんど売るほうの言い値。

ウォール街の格言に、「儲けたかったら、もう1人のバカを探せ」というものがあります。

未公開株は、売るほうは、売る時点で儲けていることがほとんどなんです。

買ったほうが儲かるかどうかは知ったことではありません。

投資に絶対はありません。

絶対儲からないとも言えませんし、絶対儲かるとも言えません。

しかし、未公開株市場というのは正規の市場ではありません。

相対取引で売る人買う人が合意の上で各々の責任で行うもの。

私的な取引。

会社の業務としては証券会社以外は株の売買は行ってはいけないのですから。

気をつけましょう。儲け話には。

公開前の未公開株で有望な株が手にはいるのは、よほどの富裕層に限られるという現実を覚えておいてください。

未公開株は、不特定の一般人を対象に電話で勧誘をするようなものではないということを肝に銘じておきましょう。

今まで、こんな会社から電話勧誘ありました。注意しましょう。














こんな会社の未公開株勧誘でした。上場しましたか?















株式投資をききかじったことがある方

未公開株が上場時に未公開株のときの価格より上がっているのではありません。上がっているのは、IPO銘柄の最初に提示される価格よりも、上場時の株価が高いということです。IPOで株を手に入れられた人は、上場開始時に高値をつけることが多いので儲かっているということです。

未公開株の時点での株式譲渡価格と、IPO時の株価との間の価格差なんて誰も上がっているなんて言っていないのです。

posted by 弓彰 at 18:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(13) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

維新という会社から勧誘がきました

維新という会社から勧誘がきました。
久しぶりの未公開株勧誘です。

株は医療系予備校のプレメディック

維新は、起業支援の会社だって。

8億維新でも、投資しているが、未公開株式をお譲りしたいと。

資料の中に、あからさまなIPOの値上がりの話とか、アーリーステージ、ミドルステージとかの話とか入っていなくて、維新プレメディックの会社案内。

電話では怪しい会社ではありませんと何度かいってました。


でも未公開株の譲渡を電話で勧誘する時点で、怪しい会社に決まっているでしょうに。

まだまだ、未公開株の譲渡勧誘ってやっているのですね。

金融庁が乗り出すって話が出てから、だいぶたっているからほとぼりがさめたころを見計らって再度でてきたのかな?

今回は 維新 プレメディック ですよ。

1株30何万とか言ってましたね。
posted by 弓彰 at 14:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ネクストウェイ パートナーズ 電話あります?ネクストウェイ パートナーズ

もうだいぶ立ちますね。ネクストウェイ パートナーズの人とあってから。未公開株譲渡

途中で連絡してこないようになってしまったネクストウェイ パートナーズです。会社の約款とか聞いていたら、連絡してこなくなっちゃいました。

怪しくありません。詐欺ではありませんと強調していたんですがね。

日本ファースト証券株でしたが、日本ファースト証券はあのときの話ではもうとっくに上場していていいはずなんですが、まだ上場してません。

ネクストウェイ パートナーズの見込み違いでしたか?

posted by 弓彰 at 20:10| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

グローバル・テック グローバル・テックから勧誘電話

グローバル・テックから未公開株の販売の電話がありました。グローバル・テックからは以前は女性の方からの電話だったんですが、テレフォンアポインターですね。資料を送るための。

今回はグローバル・テックの男性の方から電話がありました。

セレコムの株を1株30万円 1口2株

セレコムは来春上場しますと言われたので、再度上場するんですねときいたところ、上場しますと答えられました。
新規公開しますと。

これは、セレコム株の販売の営業ですねとと聞きましたが、営業ですと答えられたので、財務局に登録されてますかと聞きました。登録されてないと答えられたので、それは証券取引法違反ですねと問い返すと、冷やかしならやめてくださいとおっしゃられて、結局電話を切りました。

電話をかけてきているのは、グローバル・テックのほうなんですがね。



セレコムのホームページには、セレコム株式についての注意事項が書かれています。また、勧誘等の情報があったら、『告訴告発を検討いたします。』と書かれています。

セレコムさんには、グローバル・テックさんとのやりとりについて、担当窓口に連絡しておきました。

最近、下火になってきたのかと思ったら、グローバル・テック東京レックスと勧誘が来てます。
posted by 弓彰 at 18:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

週間金曜日でも記事

週間金曜日 5/19
未公開株商法野放しで被害者急増中


週間金曜日でも記事になりました。3ページに渡る記事です。
大塚製薬株、アース製薬株、関西国際空港株、日本自動車ターミナル株
大塚化学ホールディング株、YKK、サントリー


業者側の名前は、逮捕されたSMC投資クラブだけです。

テレフォンアポインターの求人募集広告が大手新聞(朝日とか読売)にも出ていたんだって。広告主が違法行為しているのにいいのかね。

東京都内だけで200社以上はあるって、未公開株業者。電話掛けまくっているって。
そこで働いてる人の給与なんかの内情も一部取材しているようですね。歩合制で、給与未払いがあったりもするって。

まあマザーズとか取引所の上場基準が甘いのは、将来性を評価してもらって資金を調達したい会社に投資して、事業をそだてていくことができるようにですが、その新興市場が未公開株業者に拍車をかけているってことも言ってますが、それはそれ、これはこれだと思います。マザーズとかに上場する際には、ちゃんと有価証券報告書ださないとならないですから。それをみて投資判断しないといけないんです。投資家は。

それを何も情報のない会社に投資するのは間違ってます。そういうこともちゃんとみんなに知ってもらわないと。株券の枚数によっても、会社の規模によっても、株1枚の値段なんてぜんぜん変わってくるんですから。それを営業マンのいうままに買ってしまわないようにもっと啓蒙しないとだめなんです。

未登録
未公開株業者があつかう未公開株なんて損するものに夢を託さないように。

未登録かどうかは、東京なら関東財務局のホームページに行くと登録業者リストがありますからね、すぐわかりますし、登録番号がないところは未登録。

でも週間金曜日のほうが、日経新聞より記事内容は充実してると思いますよ。経済専門の日経新聞は何やってるんでしょう。一般紙のほうはどうなんでしょうかね。もっとインターネット見ない人のためにも情報を流してほしいんですけどね。ダイアモンドよりも大きく扱ってますね。週間金曜日のほうが。部数少ないのに。東洋経済は記事になってたかな覚えがないな。経済専門誌大手マスコミが小さい週間金曜日に負けてるようじゃだめじゃないですか。NHKは早かったですけどね。

みんな動きが遅いですよね。
posted by 弓彰 at 22:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

業者排除に金融庁乗り出す

未公開株扱い業者の締め出しに、金融庁が乗り出すことになったそうです。今日の夕刊の日経新聞にのっています。捜査当局とも連動して対処するそうです。これで少しは、未公開株業者も減ってくれるでしょう。

ということなんですが、昔の無法の外為証拠金取引商品先物取引が法規制されて、移ってきたのがだいたいの未公開株扱い業者です。

未公開株から締め出されたら次にどこへいくか探して、また人を騙し続けることをする方々です。

最近あぶないのは、海外商品先物オプションですからね。国内については法規制されていて、登録業者じゃないと違法だし、いろいろ義務も課せられているのですが、海外商品先物オプションはだめです。やってはいけない。

もうひとつ今怪しいなと感じているのは、キングスレーキャピタルみたいなやつなんですが。国際分散投資とかオフショア投資とかいって、いかにも安全な投資みたいなことを言っている。安全な投資ですといわれたら、まずは疑ってかかってください。法規制がないところや登録制になっていないところを狙って騙しにきますからね。
posted by 弓彰 at 17:07| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

NSY 取引業者かなNSY

NSYかな、エヌ・エス・ワイですかね。日本橋にある会社だということなんですが、資産運用で、今年8月上場する株式の話だったんですが、という電話がかかってきたんですが。なんか、お話する前に、失礼しますって電話きられてしまいました。

以前、ご連絡したことがあるんですが、覚えてますかというふうに聞かれたので、覚えていませんと答えたんですが、そうしたら、8月に上場する株式の話だったんですが、それでは失礼しますだって。

もう少し話を聞いても良かったんですが。どこの会社のことかも言わずに電話を切ってしまいました。

いろいろな未公開株取引業者がありますね。どれくらいあるかわかったもんじゃないですね。

未公開株は、その会社の経営関係者から買う。それも、その事業に投資する価値があるか判断して。というような投資しか、グリーンシート以外の個別銘柄の未公開株には投資ができないのが実情です。業者が未公開株取引業とか販売業とかやってはいけないのです。違法行為なんですから。会社が不特定多数の人に譲渡しようと電話勧誘とかしてくるのにのってしまうのは、アース製薬で損した人と同じ目に会うことになりますので、のらないように。おれおれ詐欺や振り込め詐欺が手を少し変えながらもなくならないのは、自分はだまされていないと思っているからですからね。くれぐれも自分だけは大丈夫なんて思わないようにしてください。

posted by 弓彰 at 14:33| ☔| Comment(1) | TrackBack(3) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

NHKホットステーションで放送

今日の朝のNHKのホットステーションで、外為証拠金取引とか、未公開株取引に関する悪徳商法で、大損した人たちの話がやっていましたね。たぶん、多くの一般の方が見られたことでしょう。

外為証拠金取引業とか、商品先物取引というのは、今の法律ではリスクを知らないままやらせてはいけないことになっていて、重要事項説明がまず必要になります。その内容を理解したということを一応確認してから、取引が開始できるのです。ですから、その確認を行わない業者は違法ですから。業者によっては、問題集を作って、それに営業マンの助言を得ながらでも全部答えてから出ないと取引を開始しないところもあります。また、3ヶ月たったところで、再度、問題集を送ってきて、それへの回答を確認して、取引額の上限をあげるかどうか審査するところもあります。リスクを知らない人に対しては、投資をさせないということです。

未公開株取引については、そういう法律はありませんが、未登録業者は販売業をやってはいけないことになっていますから、登録されているかどうかの確認が必要です。相対取引は可能ですから、これは相対ですから、合法ですなんていうことも言ったりしますけども、甘い言葉に乗らないように。

投資サービス法が、包括し、違法業者悪徳業者の抜け道をふさぐ法律となることを期待しています。規制とはいっても参入障壁となるものと、適正なルールは違いますからね。

posted by 弓彰 at 15:04| ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | 未公開株売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。